大学院医薬保健学総合研究科 医学博士課程

履修コース

 医薬保健学総合研究科医学博士課程では,通常の博士課程のカリキュラムに加えて,がんや認知症など,現在の課題を解決する専門人材を養成するためのコースを設けています。

北陸高度がんプロチーム養成基盤形成プラン(北陸がんプロフェッショナル専門医養成コース)

 平成19年4月から施行された「がん対策基本法」に基づき,がん医療の担い手となる高度な知識・技術を持つがん専門医師及びがんに携わるコメディカル等,がんに特化した医療人の養成を行うための大学院特別コースです。
 北陸地区にある5つの医科系大学(金沢大学,富山大学,金沢医科大学,福井大学,石川県立看護大学)と全ての「がん診療連携拠点病院」が協力・連携し,プログラム内容の作成や実施を行っています。
 本プログラムの特色は,高い臨床能力と研究能力を併せ持つがん専門医師及びコメディカル養成のための融合型教育システムの構築していることにあります。また,教育ツールとして積極的にICT(information & communication technology)を利用しており,e-learning システムによる自由度の高い履修システムを採用しています。
 特に,高い臨床能力と研究能力を併せ持った臨床医を養成するための北陸がんプロフェッショナル専門医養成コースは,大学院博士課程の間に,がん臨床そしてがん研究の両者をバランスよく配分することによって,効率的な環境下で学位の取得とともに各科専門医資格,腫瘍専門認定医取得に必須の知識・臨床演習が得られる内容となっています。特記すべきは,本プログラムで取得した単位は,そのまま本大学大学院博士課程修了に必要な単位と互換であるという点です。

北陸認知症プロフェッショナル医養成プラン(北陸認知症プロフェッショナル医養成コース)

 北陸認知症プロフェッショナル医養成コースでは,北陸の医科系4大学(金沢大学、富山大学、福井大学、金沢医科大学)が地域医療機関、研究機関、自治体等と連携して認知症プロフェッショナル医の要請を目指しています。このプランでは,①本科コース(認知症チーム医療リーダー養成)を中心に、②インテンシブ研修コース(地域認知症専門医師研修)、③スペシャル研修コース(認知症・神経難病の臨床病理研修、地域フィールド認知症早期発見・予防・ケア研修など)、及び④スーパーコース(認知症スーパープロフェショナル養成のための卒前・卒後一貫教育)の4つのコースから構成されています。
 大学院医薬保健学総合研究科医学博士課程では,高度の知識・技能を有する認知症チーム医療リーダー医師養成を行います(本科コース)。具体的には,認知症性疾患の理解、ハイレベルの認知症診療能力育成に必須の認知症関連授業科目を履修し単位を取得し、併せて認知症関連論文を学位論文として完成させることとなります。
 コース修了時には通常の大学院修了要件に基づく博士(医学)の学位とともに,コース修了証が授与されます。

メディカル・イノベーションコース

 平成25年度から5年間の予定で文部科学省「未来医療研究人材養成拠点形成事業」として採択された「第三の道:医療革新を専門とする医師の養成」に基づく大学院特別コースです。その目的は,最先端の医学研究の成果を他分野の研究者や企業との密接な協力のもとに実用化し,革新的な医薬品,医療機器,診療技術等を世に送り出す医師を養成することであり,募集人員は毎年5人です。
 医学博士課程において,本コースの学生は医療革新に実績のある「イノベーション・コア講座」による研究指導を受けて学位論文を提出するとともに,通常と同じく大学院修了に必要な30 単位を修得しますが,その30 単位の中に「メディカル・イノベーションプログラム」と名付けた必修の講義や演習,国内外の研修(インターンシップ)が10 単位含まれます。このうち講義は,研究成果を実用化するための教育(メディカル・イノベーションセミナー),新規の製品について正しい評価,安全性確保を行なうための教育(レギュラトリーサイエンスセミナー),自信をもって研究を発表して世界の研究者と有意義な議論ができる実用的英語力を身につけるための教育(実践英語)の3つからなります。研修の費用は事業から補助されます。コース修了時には通常の大学院修了要件に基づく博士(医学)の学位とともに,メディカル・イノベーションコース修了証が授与されます。

環境要因による疾病の解明と防止を担う国際医療人育成コース

 環境要因による疾病の解明と防止を担う国際医療人育成コースは,環境要因と疾病の関連解明,環境保全,疾病予防に関する専門知識と総合研究能力を有する国際医療人を育成するコースです。環境と健康の問題に国際的視野で携わる教員が専攻を越えて結集し,通常大学院カリキュラムと並行して実施します。外国人留学生と日本人学生との共同教育を基本とし,国内外の環境および医療の現場での実習により国際感覚を養う革新的プログラムとなっています。
 本コースは,医薬保健学総合研究科7専攻横断コースであり,授業は全て英語で行われます。また,分野横断的な研究科共通の科目も英語で開講します。体系化されたカリキュラムにより,学位を目指します。

長期履修制度について 

医薬保健学総合研究科では,職業を有している等の事情により標準の修業年限で修了することが困難な者を対象として,修業年限を超えて計画的に教育課程を履修し修了することにより学位を取得することができる「長期履修制度」を導入しています。

①対象となる学生

次の各号のいずれかに該当する者で,標準修業年限(4年)以内での修学が困難な事情にあるもの。
・社会人有職者で,職務上の事情により,著しく学修時間の制約を受ける者
・育児,介護等に従事している者で,その事情により,著しく学修時間の制約を受けるもの
・その他,本研究科においてやむを得ない事情があると認める者

②長期履修の期間

5年,6年,7年,8年とします。

③長期履修が認められた場合の授業料について

(授業料年額×4年)÷(長期履修の期間)=長期履修の場合の年間授業料