• HOME
  • 大学院医薬保健学総合研究科医学博士課程

大学院医薬保健学総合研究科医学博士課程

医学専攻は,これまでの脳医科学,がん医科学,循環医科学,環境医科学の4専攻の実績をもとに,疾病に対する医学と医療(治療)を主眼として,専攻の垣根を取り払い,基礎・臨床の融合的・発展的な教育研究を一層推進するため,4専攻を1つの専攻に統合して作られました。幅広い分野における医学的知見を持ち,疾病機構や病態の解明に必要な能力と,その基盤となる学識を身につけ,疾病に罹患した患者に対し,その疾病の迅速かつ的確な診断や,患者本人に負担の少ない効果的かつ良質な治療を開発できる,あるいは提供できる者を養成します。

入試情報

アドミッションポリシー

学位授与方針

医学専攻では,担当教員同士の緊密な連携のもと,各研究分野の垣根を超えた総合的な教育・研究指導を行うことにより,高度な医学的知見を修得するとともに,国内外の文献の精読や学会発表,論文作成等を通じて国際通用性をも備えた研究遂行能力を養成します。次の学習成果を満たし,所定の単位を修得し,さらに博士論文の審査及び最終試験に合格したものに対して博士(医学)を授与します。

学習成果(到達目標)
・医学研究倫理・行動規範を身につけている。
・医学・生命科学の高度な専門的知識を基に疾病機構や病態を理解できる。
・国内外の論文・文献精読,実験,医療活動,フィールド調査等により,未解決事象,疑問点や課題を抽出
 することができる。
・研究を行うにあたり自ら仮説を立て,検証することができる。
・得られたデータを整理して理解し,研究者間で議論を行い,総合的に客観的立場でまとめあげることが
 できる。
・論文作成や学会発表を通じ,国際通用性をも備えた発表能力を持つ。
・研究成果を社会に還元する重要性を理解し,実現に向けて努力できる。
・生涯にわたって医学・生命科学の発展に寄与する高い学習意欲を持っている。

教育課程編成方針

医学専攻において,医学・生命科学分野で活躍する国際水準の研究者・教育者,高い研究志向を備えた臨床医,研究マインドを持つ医療人や医系行政官を育成するというキャリア教育を実践するために,次のカリキュラムポリシーを定めます。

・授業科目としては、「基礎科目群(必修科目と選択科目)」「領域融合科目(選択科目)」「専門科目群(選択科目)」を設け,医学・生命科学に関する幅広い知識を養うカリキュラムを提供する。主体的に学ぶ
 アクティブラーニングも取り入れる。
・最先端研究の紹介を行い,各専門分野における国際レベルの研究を学び,将来,先端生命科学を通して国際
 貢献できる能力を養うためのカリキュラムを構成する。
・初年次から、生命・研究倫理に関する科目,生物統計に関する科目,プレゼンテーションの方法論に関する
 科目などの科目を開講し,生命医療科学者として身につけるべき生命倫理,研究者倫理,生命科学研究に
 不可欠な情報処理能力に関するカリキュラムを設ける。
・実習・演習では,当該分野における高度な知識とトピックスを学ぶと共に,学位論文研究のデザイン構築に
 至るまでの実験技術を養うカリキュラムを置く。
・個別の研究指導を通じて,自らのデータの解釈,整理の後,英語による論文作成に至る高度な実践的研究
 能力を養うカリキュラムを構成する。
・社会人に対し開講時期・時間を配慮すると共に,留学生に対して英語による授業で修了できるカリキュラム
 を提供する。

入学者受入方針

医学専攻では,次のような学生を求めています。
・医学・生命科学の創造的研究,学際的研究,国際的研究を志す人
・医療行政,国際医療協力といった多様な分野において社会への貢献を目指す人
・高度先端医療及び全人的医療を志す人
・社会人として活躍しながら研究を志す人(社会人入学制度と連携し,生涯教育を充実・普及させる)
・研究・教育を通して,将来の我が国及び諸外国の医学・生命科学に貢献する能力と熱意を持つ人
・医学・生命科学の分野で国際的に活躍したい外国人留学生

選抜の基本方針としては,医学・生命科学研究者,高度先端医療人,医系行政官として世界水準の研究を行うために必要な英語能力及びコミュニケーション能力,基礎研究・臨床研究に関する十分な素養,そして自ら進んで課題に取り組む積極的な姿勢を重視します。具体的には,学力検査と成績証明書等の結果を総合して選抜を行います。

リンク