研究分野紹介

遺伝子改変動物学

研究分野ホームページ

http://kiea.w3.kanazawa-u.ac.jp/tglab/tganimHP/Top.html

スタッフ

教 授:大黒多希子
准教授:橋本 憲佳
助 教:神村 栄吉,寺川 純平

研究の概要

我々の研究室では,遺伝子改変マウスを作製し,解析することにより,ヒトの疾患の発症機構解明と治療の新規ターゲット因子の探索を行っている。主な研究テーマは以下の通りである。

  1. 子宮体癌の新規マウスモデルの作製および新規治療ターゲット因子の探索
  2. 不妊症の新規マウスモデルの作製および新規治療ターゲット因子の探索
  3. 遺伝子改変マウス作出の共同研究

胚性幹(ES)細胞から個体へ ~遺伝子改変マウス作出の基本操作~
マウスES細胞は,受精後2.5日目の8細胞期胚と接着させて培養することによってマウス胚の一部となり,マウス個体へ発生させることができる。遺伝子操作を施して特定の遺伝子を破壊したES細胞を用いれば,遺伝子ノックアウトマウスの作出が可能である。

  • A.GFPを発現するマウスES細胞(矢印)と透明帯を除去した8細胞期胚を接着させる。
  • B.一晩培養するとES細胞(矢印)は胚盤胞の内部細胞塊に取り込まれる。
  • C.上記の操作で作製したキメラ胚を偽妊娠雌マウスの子宮に移植して出生した新生仔。
  • C'.4匹の産仔のうち2匹がGFP陽性で,GFP発現ES細胞が取り込まれたことを示す。