研究分野紹介

遺伝子改変動物学

研究分野ホームページ

http://kiea.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:大黒多希子
准教授:橋本 憲佳
助 教:神村 栄吉,寺川 純平

研究の概要

我々の研究室では,遺伝子改変マウスを作製し,解析することにより,ヒトの疾患の発症機構解明と治療の新規ターゲット因子の探索を行っている。主な研究テーマは以下の通りである。

  1. 子宮体癌の新規マウスモデルの作製および新規治療ターゲット因子の探索
  2. 不妊症の新規マウスモデルの作製および新規治療ターゲット因子の探索
  3. 遺伝子改変マウス作出の共同研究

受精卵への遺伝子導入
図は,前核期のマウス受精卵にエレクトロポレーションによりGFP mRNAを導入し,一晩培養して得られた2細胞期胚を示しており,ほぼ全ての胚がGFPを発現している。我々は,CRISPR/Cas9システムに必要であるRNAおよびタンパク質をエレクトロポレーションやマイクロインジェクションによって前核期のマウス受精卵に導入し,ノックアウトマウスやノックインマウスを作製している。