研究分野紹介

肝胆膵・移植外科学

研究分野ホームページ

http://surg2.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:太田 哲生
講 師:田島 秀浩,高村 博之
助 教:宮下 智治,井口 雅史,林  泰寛,牧野  勇

研究の概要

がんの治療は,今なお切除術が唯一の信頼できる治療手段であるが,近年は化学療法,放射線療法,免疫療法,ホルモン療法など新たな治療も台頭してきている。我々は,より効果的で低侵襲で障害の残らない合理的な手術法の確立を目指すとともに,がん種別に各種の治療法を組み合わせた最適な治療ストラテジーの構築を目指している。また,がん予防,早期診断法そして薬物や遺伝子治療法などの新規開発を目指して,基礎研究も行っている。主要な研究課題は以下の如くである。

  1. ハイリスク患者に対する周術期の栄養免疫学的アプローチ
  2. 消化器癌の微小環境下における分子病理学的メカニズム
  3. 敗血症に伴う臓器障害の病態解明と新規治療法の開発
  4. 過小グラフト移植後の再生肝の組織病理学的検討
  5. 大腸癌化学療法後の肝における血小板血管外凝集の病態解明
  6. 逆流性食道炎由来食道発癌の化学予防

近年,逆流性食道炎患者の増加とともにBarrett食道の罹患率が増加している。それとともにBarrett腺癌(食道腺癌)が著明に増加し,死亡率の増加が懸念されている。当教室ではラットに十二指腸液単独あるいは胃液との混合液を食道に逆流させる手術を行うと発癌剤の投与なしにBarrett食道あるいはBarrett腺癌が発生すること,その発癌過程はInflammation-metaplasia-adenocarcinoma sequenceにより進展することを世界に先駆けて報告してきた。現在ではこのモデルを用いて,発癌に至る機序を病理学的のみならず免疫学的あるいは分子生物学的アプローチから研究し,さらに種々の薬剤を用いて発癌予防効果を検証している。