研究分野紹介

リハビリテーション医学

研究分野ホームページ

http://ortho.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

講師:八幡徹太郎

研究の概要

リハビリテーション医療における従来の根幹的治療手段(物理療法,運動学的治療手段,作業的・言語的治療手段,義肢装具療法)を尊重しつつ,①リハビリテーション機能評価手段と診断法の洗練化,②リハビリテーション医療への薬物療法・ブロック療法等の効果的導入,②新たな機能改善手段の創生,を研究課題の柱とし,リハビリテーション治療成績を,チーム医療システムではなく,医師およびセラピストの個々の技術で高められるような研究を目指しています。

現在の研究課題

  1. 活動性低下と身体機能低下
  • 低活動に対する運動療法の奏功と無効の解明
  1. 異常筋緊張・痙縮
  • 局所的コントロール法の洗練
  1. X線透視による嚥下動態の分析
  • 喉頭運動と舌骨運動の解明
  • 経口製剤の工夫
  • 造影検査材料の工夫
  • 検査時放射線被ばくに関する安全性解明
  1. 身体機能評価法の発展
  • 基本的動作の簡易分析方法の開発
  • 定量的筋力評価方法の開発

形状・形態の違う模擬経口製剤のX線透視による嚥下動態分析の模様。A:ゼリー型,B:錠型.嚥下障害患者により適した形状・形態の開発を目指している。