研究分野紹介

寄生虫感染症制御学

研究分野ホームページ

http://www.parasitology.jp/

スタッフ

准教授:所  正治

研究の概要

マラリア,旅行者下痢症などの途上国からの輸入感染症ばかりでなく,先進国においても感染リスクが存在する寄生虫疾患は少なくない。アメーバ赤痢の年間届出数は1000件を超え,アカントアメーバ角膜炎(自由生活アメーバ感染症),先天性トキソプラズマ症(母子感染),膣トリコモナス症(性行為感染)や,日和見感染症(糞線虫症,クリプトスポリジウム症など)などの症例が報告されている。また,近年注目されている食中毒の原因としても,鮮魚由来のアニサキスや馬肉の肉胞子虫などが挙げられる。
当教室では,このような寄生虫病の臨床検査を担当するとともに,主に腸管寄生原虫を対象とした創薬および分子疫学的基礎研究をおこなっている。

研究目標

  1. 分子疫学による寄生虫まん延実態の解明:
    種内・種間の遺伝子多型とその分布を明らかにし,各多型に応じた有効な診断・治療・介入対策を確立する。
  2. 寄生虫分子分類の再構築:
    従来の形態学的分類を新たな分子分類すなわち分子進化学的観点から整理し,寄生原虫の種形成・ヒト寄生の確立・病原性 /非病原性の分岐といった感染症進化の基本的なメカニズムを明らかにし,進化学的アプローチによる感染症対策を確立する。
  3. 創薬・ワクチン開発:
    放置された疾患である寄生虫感染症に対する創薬・ワクチンシーズの探索を実現する。
  4. 寄生虫の治療活用:
    腸内微生物叢の一員としての腸管原虫叢の働きに注目し,プロバイオティクスへの応用の可能性を探る。