研究分野紹介

分子遺伝学

研究分野ホームページ

http://molgenet.w3.kanazawa-u.ac.jp/home.html

スタッフ

教 授:村松 正道
准教授:榎並 正芳
助 教:喜多村晃一,若江 亨祥

研究の概要

ウイルスをキーワードに2つの研究をしている。

I . ウイルスと免疫系の攻防の研究

これまで私たちはActivation induced cytidine deaminase(AID)が,抗体遺伝子座におこる2つの遺伝子改編システム(クラススイッチ組換えとsomatic hypermutation)を司る事を示してきた。またAID の活性制御異常が,抗体遺伝子座以外の遺伝子座に働き発ガンのリスクをあげる事も報告してきた。最近,AID を含むDNA/RNA deaminase ファミリーが,RNA 編集のみならずウイルスゲノムに直接働きかける可能性が示された。例えばHIV ではAPOBEC3G が高頻度のG to A 点突然変異(hypermutation)をウイルスゲノムに導入しウイルスを不活性化する事が知られている。当研究室は,ウイルスと免疫系の攻防という観点から以下のテーマについての研究を進めている。
DNA/RNA deaminase ファミリーのウイルス感染時における役割の解明。具体的にはB 型肝炎ウイルスとパピローマウイルスをモデル系としてDNA/RNA deaminase ファミリーが,どう関与するか,さらにはウイルスゲノムのhypermutationの病理的意義は何かを解析していく。又,DNA/RNA deaminaseファミリーと種々の病態との関わりも研究している。

II . インフルエンザウイルスを研究対象とした次のプロジェクトを設定している。

  1. H5N1 亜型高病原性鳥インフルエンザは,現在東南アジアを中心に世界中に感染が拡大している。最も流行被害が大きいインドネシアに研究基盤をおき,ボゴール農科大学,アイルランガ大学等との共同研究により,高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)ウイルスの研究を行っている。当該ウイルスの抗原変異は凄まじく,インドネシア国内だけでも多様なウイルスが蔓延している。これらの事象を踏まえ,多様な抗原性に対応できる遺伝子組み換え(RG)ワクチンの開発と臨床試験,実用化,および評価を行っている。
  2. インフルエンザウイルス感染細胞の免疫応答と病原性の分子機構。