研究分野紹介

法医学

研究分野ホームページ

http://legalmed.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:塚  正彦
准教授:高安 達典
助 教:武市 敏明

研究の概要

法医学は,医学及び医療と法・社会環境の接点で生じる学際的諸問題を幅広く考察し,社会の安全・福祉の増進,法律の公正な運用に必要な医学的事項全般(法医病理学,法医中毒学,法医遺伝学,医事法制など)を対象として,教育及び実際的な研究を行っている。その中でも,異状死体の死因究明(司法,行政解剖及び死因・身元調査に基づく新法解剖),死因論については,重点を置いて取り組んでおり,北陸3県を中心に司法及び関係捜査機関の活動を積極的に支えている。また,医師会や司法修習生,さらには法学部や法科大学院学生に対する講義等を通じて,法医学知識の普及にも積極的に努めている。

  1. 法医解剖と種々の検査を通じて,犯罪や予期せぬ急死例など,いわゆる異状死体の死因に関して,客観的かつ詳細な検討を行っている。
  2. 血管内膜の粥状硬化及び脳脊髄液の生化学的変化について,その機序を実験的に検討し,実際の法医学鑑定への応用を試みている。
  3. 刑事事件例や医療事故例などの係争事案に対する法医学鑑定を実施している。
  4. 中枢神経系における小胞体ストレスをターゲットとした研究を行っている。