研究分野紹介

臨床薬理動態学

研究分野ホームページ

http://pharmacy.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:崔  吉道
准教授:嶋田  努,長瀬 克彦

研究の概要

『薬効・毒性・動態の個人間および個人内変動要因の解明と臨床応用』
医薬品の治療効果や副作用は,製剤特性,病態,併用薬物,薬物トランスポーターや代謝酵素などの個人間および個人内の要因により大きな影響を受ける。我々は,より安全で有効性の高い個別薬剤療法の実現のため基礎と臨床の両面から個人内変動要因の解明に取り組んでいる。また,グローバルな視点から継続可能な医療体制の構築が急務となっているが,そのためのデータサイエンス,イノベーション及び人材育成に関する研究に努めている。

  1. 薬効・毒性の個人間および個人内変動要因となる代謝酵素およびトランスポーターの分子薬物動態学的研究
  2. 副作用モニタリング・回避のための臨床薬物動態学的研究
  3. 持続可能な医療体制の構築に寄与するデータサイエンス,イノベーション及び人材育成に関する研究
  4. 臨床研究及び治験の被験者の安全性確保に関する研究

薬効・毒性・動態の個人間および個人内変動要因の解明と臨床応用
薬物療法の個別化・最適化を目指して,治療効果と安全性に影響を及ぼす要因を解明するために,基礎及び臨床の両面からの研究に取り組んでいる。