研究分野紹介

再生分子医学

研究分野ホームページ

http://medstem.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:横田  崇
准教授:赤木 紀之
助 教:上田  篤

研究の概要

当研究室では,幹細胞の自己複製(分化能を維持しつつ未分化状態で増殖すること)や分化の機構を,分子レベルで明らかにすることを目的として,生化学的手法や分子生物学的手法を用いて研究を進めている。研究対象としては,体内のあらゆる細胞に分化することが可能な胚性幹細胞(ES細胞)を選び,この細胞に様々なシグナル伝達分子を導入することにより,自己複製や分化の制御因子の探索を行っている。またES細胞と癌幹細胞の接点についての研究も行っている。さらに,基礎的な研究だけでなく,組織再生治療や遺伝子治療といった実際の医療における幹細胞の応用を視野に入れた研究も目指している。現在の研究テーマは以下のとおりである。

  1. ES細胞の未分化性維持機構の解析
  2. 未分化/分化のスイッチ機構の解析
  3. ES細胞の特定の細胞系列への分化機構の解析
  4. ES細胞と癌幹細胞の性質の比較

ES細胞の自己複製は,LIF刺激によって維持される。ES細胞の細胞膜に局在するLIF受容体にLIF が結合すると,STAT3 やOct3/4 を始めとする様々な転写因子が活性化される。これまでの研究から我々は,Dax1,GABP,Zfp57,Zfp296,Esrrb,Eed などに着目し,これらの因子が互いに連携しあって,ES 細胞の自己複製を制御していることを見出している。