研究分野紹介

分子病態学

研究分野ホームページ

http://bunshibyotai.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教  授:後藤 典子

研究の概要

癌と癌幹細胞に注目し,基礎研究から臨床へと連続する研究の展開を目指している。最先端の分子生物学,細胞生物学的手法,さらには最新のバイオインフォマティクスを組み合わせて,癌の早期発見や個々の患者に最適な治療法を選択するための診断マーカーの抽出,そして新しい抗がん剤開発のための新たな分子標的の発見を試み,トランスレーショナルリサーチへと展開している。

  1. 癌幹細胞−乳癌をモデル系として
    乳癌は女性の癌罹患数一位であり,今や日本女性11人に一人が一生に一回乳癌に罹患する。特に,トリプルネガティブタイプや,再発癌は治療抵抗性で予後が悪い。近年,予後が悪い大きな原因の一つに癌幹細胞の存在が示唆されている。私どもは,マウス癌モデルや,ヒト乳癌の臨床検体を用いた癌幹細胞の解析から,癌幹細胞内の新規分子標的や癌の診断マーカーの探索を行っている。
    ヒト乳癌臨床検体のスフェロイド培養,オルガノイド培養,patient-derived xenograft(PDX)を構築し,カタログ化している。
  2. 肺癌の診断マーカー及び分子標的の探索
    世界的にも肺癌による死亡者数は,全癌死の一位を占めている。増殖因子受容体シグナル伝達の解析にシステム生物学的手法を取り入れ,肺癌の早期発見や個々の患者に最適な治療法を選択するための診断マーカーや新規分子標的の探索を行っている。
  3. 正常の幹細胞と癌幹細胞をあやつる増殖因子/受容体シグナル伝達
    癌という病気や,幹細胞の維持という生命現象を動かしている主役の分子群として,増殖因子受容体型チロシンキナーゼである,FGF受容体やEGF受容体は重要である。これら代表的増殖因子受容体の細胞内シグナル伝達の司令塔として,アダプター/ドッキング分子FRS2 ファミリー分子に注目している。

図1 ニッチ乳癌細胞より様々な増殖因子・サイトカインが放出される。IGF2は,癌幹細胞に強く発現するIGF1受容体を活性化し,転写因子ID1の発現誘導を介してIGF2を産生誘導,IGF2-ID1-IGF2オートクライン・パラクラインサーキットが形成。癌幹細胞は,このサーキットに依存して維持されている。