研究分野紹介

腫瘍遺伝学

研究分野ホームページ

http://genetics.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:大島 正伸
准教授:大島 浩子,Dominic Chih-Cheng Voon
助 教:中山 瑞穂,村上 和弘,武田はるな

研究の概要

腫瘍遺伝学研究分野は,胃がん,大腸がんの発生および転移再発などの悪性化機構の解明を目的として,以下の研究を行っている。

  1. がん悪性化の分子機構
    胃がん,大腸がんの悪性化を分子レベルで再現するマウスモデル,および腫瘍オルガノイドを用いて遺伝子変異と悪性化形質の相関について研究を行っている。
  2. 炎症反応や線維化による微小環境形成が,浸潤や転移を促進する分子機構の解明を目指して,モデルを用いた研究を行っている。
  3. ヒトがん組織を用いた検証
    ヒト胃がん,大腸がん由来オルガノイドやPDXモデルを開発し,それを用いた解析により,発がん・悪性化機構の検証を行っている。

Wntシグナル活性化は良性腫瘍(adenoma)発生の原因であり,さらにTGF-βシグナルが抑制されると浸潤がん(adenocarcinoma)に進展する。これまでの研究により,浸潤がん発生には,さらに炎症性微小環境の形成が重要であることを明らかにした(Oshima et al, Cancer Res, 2015)。