研究分野紹介

神経解剖学

研究分野ホームページ

http://med03.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:堀  修
准教授:服部 剛志
助 教:石井 宏史,宝田 美佳

研究の概要

脳は,神経細胞,グリア細胞,血管内皮細胞など複数の細胞群で構成されているが,この中でも神経細胞は環境変化(ストレス)にきわめて弱く,短時間の虚血でも細胞死に至ると考えられている。一方,アストロサイトやミクログリアと呼ばれるグリア細胞はこの環境変化に対して比較的強く,活性化することで神経細胞の生存や脳内修復に大きな役割を果たしている。私たちはこのグリア細胞におけるストレス応答に注目し,これまでそのメカニズムを解析してきた。そして,細胞内小器官の一つ小胞体がストレス応答の重要な場であること,更には小胞体におけるストレス応答がアストロサイトの生存に極めて重要であることを見出した。また,虚血下の神経細胞に於いては逆に小胞体機能異常が起こっていることも発見した。現在私たちは,小胞体におけるストレス応答を利用することで,虚血のみならず神経変性疾患で起こる神経細胞死や脳内炎症を抑制できないか,と言う取り組みを行っている。今後,グリア細胞におけるストレス応答について更に分子レベルで解析し,それらを神経細胞の救済に応用していきたいと考えている。

  1. グリア細胞由来のストレス関連遺伝子の単離,機能解析
  2. 脳虚血や神経変性疾患における小胞体の機能異常の解析
  3. 小胞体環境を守る新規薬剤のスクリーニング
  4. 神経精神疾患におけるグリア細胞の異常