研究分野紹介

機能解剖学

研究分野ホームページ

http://anatomy-2.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:尾﨑 紀之
准教授:奥田 洋明
助 教:堀 紀代美

研究の概要

痛みは生体の警告系として重要であるが,一方で,必要以上の痛みや慢性の疾患に伴った痛みは私たちを苦しめる。当研究室では,メカニズムに基づいた痛みの治療法を開発するために痛みのメカニズムの解明に取り組んでいる。内臓や筋の痛みは,頻度が高く臨床的に重要で,皮膚の痛みとはさまざまな点で異なる特徴をもつことが知られているがいまだに不明な点が多い。そこで消化管に代表される内臓や筋の痛みの受容伝達のメカニズム,疾患に伴う痛覚亢進のメカニズムを明らかにすることに特に力を入れている。
また,内蔵脂肪のほとんどない食虫目の実験動物スンクスを用いて,内臓脂肪の前駆細胞の分化のメカニズムや肥満予防の研究に取り組んでいる。
具体的な研究課題は以下のとおりである。

  1. 各種動物疾患モデルを用いた,炎症,神経損傷,外傷,悪性腫瘍に伴う皮膚,筋骨格系,心血管系および内臓の痛みのメカニズムの解析
  2. 機能性消化管障害や筋筋膜性疼痛症候群など,新たな機能性疼痛モデル動物の開発とその解析
  3. 痛覚伝導系の神経解剖学的・生理学的研究
  4. 筋筋膜性疼痛症候群患者の超音波による病態可視化の試み
  5. 摂食,脂肪前駆細胞と抗肥満研究

いずれの研究においても,生命現象を分子から個体レベルまで理解することの重要さを踏まえ,形態,生理,分子細胞学的手法を駆使し研究を進めている。

A.三叉神経節に見られた知覚神経細胞。矢印で示した黄色の細胞はP物質を含んでいて,顔面の痛みを伝えている。
B.胃の痛みを伝える知覚神経の活動電位。大内臓神経には痛みを伝える高閾値受容器が見られる。
C.筋損傷時の再生筋線維(矢印)。
D.再生筋線維に発現した神経成長因子(矢印)。筋筋膜性疼痛に関わる。