研究分野紹介

統合神経生理学

研究分野ホームページ

http://neurophysiol.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:三枝 理博
准教授:前島 隆司

研究の概要

行動や様々な生体機能(体温,ホルモン分泌,自律神経機能,等々)は,約24時間周期の概日リズム(サーカディアンリズム)による調節を受ける。したがって,概日リズムの乱れによりさまざまな健康障害・疾患のリスクが増大する。当研究室では,さまざまな遺伝子改変マウスに,電気生理学,薬理学,組織学,行動学,光遺伝学,分子生物学などの手法を適用し,中枢概日時計の神経ネットワークのメカニズムや,中枢概日時計が行動や生体機能を制御する神経メカニズムについて,研究している。具体的には,以下の3つの研究が柱になっている。

  1. 中枢概日時計の神経ネットワーク:視床下部視交叉上核に存在する中枢概日時計が,強固で安定した概日リズムを発振する神経メカニズムについて,ニューロンのタイプ特異的に遺伝子操作・神経活動操作をしたマウスを駆使し,研究をすすめている。
  2. 中枢概日時計の入出力経路:視交叉上核の中枢概日時計が,睡眠・覚醒,行動,摂食,自律機能などを,どのような経路によって制御しているのか,明らかにする。また,中枢概日時計を調節する因子,神経経路についても明らかにする。光遺伝学・化学遺伝学による神経活動の人為的操作,組換えウィルスベクターを用いた神経回路トレーシング,遺伝子発現プロファイリングなどの手法を用いる。
  3. 概日リズムの乱れと疾患:中枢概日時計を人為的に撹乱することにより,行動や生体機能にどのような問題が生じるのかを,明らかにする。さらに,その乱れを正すために,中枢概日時計を自由自在に操作できる技術の開発を目指す。