研究分野紹介

脳老化・神経病態学(神経内科学)

研究分野ホームページ

http://neurology.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:山田 正仁
准教授:岩佐 和夫
講 師:浜口  毅
助 教:坂井 健二,篠原もえ子,野崎 一郎,赤木 明生,中野 博人

研究の概要

臨床大学院コースでは在籍中に以下の3点を達成するように指導する。コースの詳細と実績については当研究分野ホームページを参照のこと。

  1. 内科認定医,神経内科専門医を取得する。
  2. 自分の臨床経験を世界に発信する力を身につける。
  3. 自分の適性に即した研究課題(学位研究)に取り組み達成する。

研究については,神経疾患の病因・病態の解明,診断・治療法の開発を目的とし,その過程において病理学,生理学,分子生物学,分子遺伝学,免疫学,生化学,機能画像,神経心理学などの関連領域での手法を自在に駆使できる技術を会得する。現在,下記に示すような臨床研究および臨床に密接に関連した基礎的研究を行っている。

  1. 脳老化・認知症とアミロイドに関する研究
    1. 脳老化・認知症に関する分子疫学的研究
    2. 認知症性疾患(アルツハイマー病,レビー小体型認知症など)の分子病態,診断および予防・治療法開発に関する研究
    3. 認知症性疾患のPET,MEG検査による早期診断
    4. 脳アミロイドアンギオパチーの病因,診断,治療法に関する研究
    5. 全身性アミロイドーシスの診断,治療法に関する研究
  2. 神経免疫および感染に関する研究
    1. プリオン病の分子病態および診断および治療法に関する研究
    2. 重症筋無力症およびLambert-Eaton症候群に関する研究
    3. ミクログリアの分化誘導および治療応用に関する研究
  3. 神経変性疾患に関する研究
    1. パーキンソン病および類縁疾患に関する診断,治療法開発に関する研究
    2. 脊髄小脳変性症に関する臨床的及び分子疫学的研究
  4. 脳血管障害に関する研究
    1. 画像解析研究