研究分野紹介

眼科学

研究分野ホームページ

http://ganka.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:杉山 和久
講 師:高比良雅之,東出 朋巳,大久保真司
助 教:小林  顕,奥田 徹彦,横川 英明,藤村 茂人,正木 利憲

研究の概要

大学院生は基礎研究・臨床研究の中核に位置づけ,臨床的疑問から発生し臨床に還元される医学研究(patientsorientedresearch)に取り組むことを基本方針としている。
従って,臨床の場においても,科学的に解決すべき問題点を見出す目を養い,質の高い医療を提供できる臨床科学者となることを目標とする。以下に,主な研究項目を列挙する。

  1. 緑内障の構造と機能の関係
  2. 交感神経受容体遺伝子多型と眼圧日内変動に関する臨床研究
  3. 緑内障点眼薬テーラーメイド医療に関する遺伝子多型の同定
  4. 房水産生に関与する毛様体上皮Kチャンネルの研究
  5. 光干渉断層計によるラット視神経障害モデルにおける網膜障害の生体内評価
  6. ベバシズマブを用いた血管新生緑内障の新しい治療法
  7. ハニカムフィルムを使用した緑内障濾過手術に関する研究
  8. サイトメガロウイルス角膜内皮炎の共焦点顕微鏡による解析
  9. デスメ膜非剥離角膜内皮移植術の臨床的解析
  10. 網膜剥離の硝子体手術後の網膜偏移の原因究明と対策
  11. IgG4眼病変に関する研究
  12. 内眼炎の病勢評価に関する研究