研究分野紹介

神経発生学

研究分野ホームページ

http://fsosato.w3.kanazawa-u.ac.jp/index.html

スタッフ

教 授:佐藤  純

研究の概要

脳の動作原理を理解するためには神経回路が形成され機能を発揮するメカニズムを包括的に理解する必要があると考えられるが,ショウジョウバエ視覚中枢は層構造・カラム構造などほ乳類の脳と共通した構造的特徴を持ちつつも,緻密な解析が可能な優れたモデル系である。本研究室ではハエ視覚中枢の前駆体が進化的に保存された転写因子の発現によって同心円状に区画化されることを見出し,これら転写因子を手掛かりとして,神経細胞の産生順と遺伝子発現,神経細胞タイプ,細胞移動パターン,投射パターン,そして神経機能の間に密接な関係があることを明らかにした。この研究成果により,脳の発生から機能までを統合的に研究することが可能となった。将来的には様々な神経疾患の分子メカニズムの理解に大きく貢献すると期待される。具体的には以下の様な研究を行っている。

  1. 視覚中枢における神経回路形成機構の解明
    a)神経幹細胞を規則正しく産生する「分化の波」の数理モデルと遺伝学的解析
    b)神経細胞の産生順に従った多様な神経細胞の産生機構の解明
    c)神経細胞移動を制御する分子機構の解明
    d)軸索走行・樹状突起伸長・シナプス形成による神経回路形成機構の解明
  2. 視覚中枢における神経回路機能
    a)単一種類の神経細胞の活動を人工的に操作するためのトランスジェニック系統作製
    b)コンピューター制御による視覚行動実験およびカルシウムイメージング
    c)動体認識に関与する神経回路の同定とその動作機構の解明
  3. 神経疾患モデル系
    a)Neuronal Migration Disorderをはじめとした様々な神経疾患の原因遺伝子の作用機序の解明