研究分野紹介

麻酔・集中治療医学

研究分野ホームページ

http://anesth.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:谷口  巧
准教授:山田 圭輔,栗田 昭英
講 師:山田 圭輔
助 教:小室 明子,加畑 千春,棚木 直人,臼倉  愛,松久 大希,山本 剛史,佐藤 寛子,須田 佳美

研究の概要

麻酔・蘇生学の最大のテーマは周術期管理をスムースにかつ安全に行うことである。
周術期管理とは,術前管理(蘇生含む)から始まり,術中管理(手術麻酔),そして術後管理(集中治療)に終わる,一連の経過における患者管理である。各管理での質,技術の向上を目指すことが,重要であり,以下のグループに分かれて研究を行っている。

  1. 術前管理における研究
    1. 術前投与薬剤が術中に及ぼす影響及びその対応
    2. 蘇生技術向上に対する研究
  2. 術中管理における研究
    1. 敗血症性ショックに対する麻酔薬の治療効果に関する研究
    2. 手術中の急変時における対応の検討
  3. 集中治療における研究
    1. 各種病態(敗血症,肝不全,腎不全,多臓器不全)における新しい血液浄化法の開発
    2. 各種病態(敗血症,肝不全,腎不全,多臓器不全)における鎮静薬の効果に関する研究

大学院生には週1−2日の研究日と1日の出張日を設定し,他の日は専門教育のために手術室等での臨床研修を行う。日中は附属病院の医員として勤務し,夜間もしくは休日に研究を行う夜間大学院への入学も可能である。詳細は当講座のホームページを参照していただきたい。