研究分野紹介

腫瘍遺伝学

研究分野ホームページ

http://genetics.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:大島 正伸
助 教:大島 浩子,中山 瑞穂

研究の概要

腫瘍遺伝学研究分野は,消化管腫瘍の発がんおよび悪性化機構の解明を目的として以下の研究を行なっている。

  1. 新規胃発がんおよび悪性化モデルマウスの開発
    胃がん発生に関わる癌関連遺伝子などの遺伝子改変マウスを作製し,ヒトの胃がん発生を分子機序から再現するマウスモデルの開発研究を行なっている。
  2. 微小環境の形成による発がん機序の研究
    開発したマウスモデルを用いた解析により,炎症反応などの生体反応により形成される微小環境が発がんおよび悪性化を促進する機構の研究を行なっている。
  3. がん幹細胞特性の維持に関与するシグナル経路の研究
    オルガノイド培養系を用いた解析により,腫瘍原性を規定する未分化性維持因子・経路の解明を目標とした研究を行なっている。

胃や腸上皮細胞では,Wntシグナルの活性化が発がんの直接的原因と考えられている。しかし,同時に腫瘍細胞周囲においてはCOX-2発現誘導によりプロスタグランジンPGE2が産生され,それに起因した炎症反応を伴う微小環境が形成される。マウスモデルを用いた研究により,Wnt活性化により腫瘍化した細胞が微小環境の影響により増殖することが明らかとなった(写真:マウス胃がん)。