研究分野紹介

腫瘍制御学

研究分野ホームページ

http://www.kanazawa-u.ac.jp/~ganken/shuyoseigyo/index.html

スタッフ

教 授:源  利成
助 教:堂本 貴寛

研究の概要

消化器がんと難治性がんをおもな対象にして,がんの多様な分子細胞メカニズムと腫瘍外科学的特性の解明を目指した基礎・臨床研究を行なう。

  • (A)がん化シグナル制御の分子細胞機構
    1. Wnt/β-カテニンがん化シグナル
    2. GSK3βリン酸化シグナル
  • (B)消化器がんと難治がんの分子病態と制御
  • (C)ヒト消化管がん組織検体資源化事業

がん進展制御研究所の宝町キャンパスにおける研究分野として,再発や転移性腫瘍を含む難治性がんへの取り組み,制がんへの応用ならびに探索的がん医療を指向する橋渡し研究に重点をおく。基礎系,臨床医を問わず,がん研究を希望する大学院生を歓迎する。

図1 グリコーゲン合成酵素キナーゼ3β(GSK3β)はWntシグナルに依存しない新しいがん標的である

図2 RNAトランス因子CRD-BPはmRNAの安定性を修飾してWnt,NF-кBとc-Myc経路をリンクする