研究分野紹介

腫瘍動態学

研究分野ホームページ

http://www.kanazawa-u.ac.jp/~ganken/shuyoudoutaiseigyo/index.html

スタッフ

教 授:松本 邦夫
助 教:酒井 克也,今村  龍

研究の概要

私達は,1)HGFとMet/HGF受容体を介したがんの転移・薬剤耐性機構の研究,2)HGF-Met相互作用の構造を基盤としたHGF-Met阻害剤の創製,3)ペプチド性人工HGFによる再生医療の基礎研究,4)ポリコーム複合体機能異常によるがんの浸潤性獲得機構の研究,などを進めている。
HGF(hepatocyte growth factor)はMet受容体を介して,ダイナミックな3-D上皮形態形成誘導活性や生存促進活性を発揮する。これにより,肝臓・腎臓・神経系などの組織において,傷害・病態に対する組織の再生や保護を担う。一方,これらHGFのもつ生物活性は,がんの浸潤・転移といったがん細胞のダイナミックな動態,分子標的薬に対するがん細胞の生存・耐性に関与している。
最近,ペプチド性人工HGFの創製に成功した。この手法は人工サイトカイン/細胞増殖因子創製の普遍的な手法となる。HGF-Met系を促すことは再生治療につながるアプローチとなる一方,HGF-Met系を阻害することは,がん転移・薬剤耐性の克服につながる。

  1. Met/HGF受容体の発現・細胞表面動態を介した浸潤・転移・幹細胞性制御
  2. HGF-Met相互作用の構造生物学に基づく阻害分子の創成研究
  3. 人工ペプチド性HGFの再生医療への研究
  4. Met活性化の構造生物学
  5. エピゲノム/PRC制御異常を介したがん細胞の3-D浸潤能獲得機構の研究