研究分野紹介

機能ゲノミクス学

研究分野ホームページ

http://www.kanazawa-u.ac.jp/~ganken/Genomics/index.html

スタッフ

教 授:鈴木 健之
助 教:石村 昭彦,寺島  農

研究の概要

がんの発症・悪性化の分子メカニズムを理解し,がんを克服するためには,その原因となる遺伝子変異の同定が極めて重要である。しかしヒトのがんでは,多くの変異の蓄積とそのヘテロな形質ゆえに,原因遺伝子の同定が容易ではない。これに対し,レトロウイルス感染マウスでは,ウイルスが感染細胞のゲノムに挿入し,挿入部位の遺伝子変異や周辺遺伝子の発現異常によって,がんを誘発するため,ウイルス挿入部位の解析から,原因遺伝子を容易に同定することができる。本研究分野では,ウイルス感染マウスを用いて,がん関連遺伝子を網羅的に同定し,その機能や相互作用の解析を通して,発がんの分子機構の解明とがんの新しい分子標的の開発を目指している。特に重要な標的遺伝子については,逆遺伝学的手法で新たな疾患モデルマウスを作製し,個体レベルでのがんの病態解析や治療法の開発に活用することも目標にしている。現在の主な研究テーマは次のとおりである。

  1. レトロウイルス感染マウスを利用した新しいがん関連遺伝子の単離と機能解析
  2. がんの発症および悪性化におけるヒストンのメチル化修飾を制御する酵素群の役割
  3. DNAの脱メチル化経路に関わる酵素群と発がんとの関係性

ウイルス感染発がんモデルマウスの解析から,ヒストンのメチル化酵素・脱メチル化酵素の多くが,挿入変異の標的となる重要ながん関連遺伝子産物であることがわかった。ヒストンの翻訳後修飾のうち,アセチル化の発がんにおける重要性は既に知られており,脱アセチル化酵素の阻害剤が抗がん剤として開発されている。一方,メチル化を制御する酵素は解析がまだ進んでおらず,新しいがんの分子標的として注目される。