研究分野紹介

循環器病態内科学

研究分野ホームページ

http://intmed2.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:山岸 正和,武田 仁勇
准教授:八木 邦公,藤野  陽,川尻 剛照,米田  隆
講 師:川野 充弘,坂田 憲治
助 教:林  研至,吉牟田 剛,今野 哲雄,藤井  博,中西 千明,多田 隼人,津田 豊暢,永田 庸二,中橋 卓也,吉田 昌平,米谷 充弘

研究の概要

心血管疾患,内分泌代謝疾患,腎,膠原病,消化器疾患の原因と病態を包括的に解明し,再生医療を含む新しい治療法を確立し,生活習慣病の制圧拠点を構築しています。主たる対象疾患は,冠動脈疾患,心筋症,不整脈,高血圧,高脂血症,内分泌・糖尿病疾患,メタボリック症候群,腎臓病,膠原病,肝臓病,炎症性消化管疾患などです。

主要な研究課題は以下の通りです。

  1. 心不全に対する再生医療
  2. 血管内超音波法による冠動脈硬化症の形態及び機能的評価
  3. 心筋症・不整脈の再生医療研究
  4. 内皮前駆細胞を用いた冠動脈ステントの開発
  5. 脂質代謝の分子遺伝学的研究
  6. 原発性アルドステロン症の臨床研究
  7. 生活習慣病におけるレニン−アンジオテンシン−アルドステロン系のエピジェネティクス
  8. 糖尿病の成因に関する分子遺伝学的研究
  9. 炎症性消化管疾患のトランスレーション研究
  10. 膠原病における免疫応答の分子遺伝学的研究
  11. 慢性腎臓病の成因と予後に関する臨床研究
  12. IgG4関連疾患の臨床研究

臨床系大学院である私たちの研究分野では「組織・細胞障害と修復・再生」を視点として研究を進めています。このため,従来の遺伝学的アプローチでのDNA,RNA発現の解析に加え,機能発現の立場から培養細胞系や実験動物系を新たに立ち上げ,血管・心筋再生療法など,トランスレーショナルリサーチを通じて,根本的治療法の実現に取り組んでいます。国内・国外の専門施設への留学も積極的に進め,研究を効率よく推進することに努めています。また内科疾患各専門医(循環器,内分泌,糖尿病,腎臓病,消化器など)の育成に関しても積極的に教育,指導しています。

間葉系幹細胞(Mesenchymal stem cell : MSC)移植による心筋梗塞に対する治療効果。
(上段)ラット左前下行枝結紮心筋梗塞モデルを作成し,MSCおよびHO-1(Heme Oxygenase-1)導入MSCを梗塞境界面に移植した。HO-1導入MSC移植後宿主心筋細胞へのアポトーシス効果を評価したところ,HO-1導入MSC移植群において有意な抗アポトーシス効果が確認された。
(下段)MSC単独移植群はcontrol群と比較し有意に梗塞サイズの減少,血管床の増加,心機能改善効果を認め,HO-1導入MSC移植群においてはさらにその効果が顕著になることが示された。