研究分野紹介

臨床薬理動態学

研究分野ホームページ

http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/bu/yaku/index.html

スタッフ

教 授:崔  吉道
准教授:嶋田  努,長瀬 克彦

研究の概要

医薬品の効果や副作用は,その製剤特性に加えて,病態や併用薬物による薬物代謝酵素群やトランスポーターの遺伝子変異,機能変動,その他の薬物動態学的要因によっても大きな影響を受ける。本講座では以下の研究課題のもと,医薬品側・生体側の情報を収集・解析し,薬物療法の個別化・最適化を目的とする。

  1. 薬効・毒性の個人間および個人内変動要因となる代謝酵素およびトランスポーターの分子薬物動態学的研究
  2. 副作用モニタリング・回避のための臨床薬物動態学的研究
  3. 医薬品の適正使用と薬物療法の個別化,患者のQOL向上のための投与設計法の開発
  4. 臨床研究及び治験の被験者の安全性確保に関する研究

薬効・毒性・動態の個人間および個人内変動要因の解明と臨床応用
薬物療法の個別化・最適化を目指して,治療効果に影響を及ぼす要因を解明するために,基礎及び臨床の両面からの研究に取り組んでいる。