研究分野紹介

環境生態医学・公衆衛生学

研究分野ホームページ

http://publichealth.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:中村 裕之
講 師:神林 康弘
助 教:日比野由利

研究の概要

環境生態医学・公衆衛生学教室は,社会医学を担当する教室として位置づけられており,その研究と教育は,予防医学の理念に基づいている。研究方法も疫学調査から環境医学,生化学・分子生物学的手法を用いた分子環境予防医学的な解析まで幅広い。
現在,1)Tailor-made予防法の開発を目指したスーパー予防医学を提唱し,能登地域における生涯一貫型,全住民参加型の健康づくり疫学研究を実施している。スーパー予防医学とは,0次から3次まで網羅した革新的予防法を言う(図)。2)生活習慣病やアレルギー疾患における遺伝と環境の相互作用やEpigeneticsに関する研究,3)黄砂や環境中化学物質による健康影響,特にアレルギー性疾患に対する影響の調査,4)就学前児童における生活習慣と食育教育に関する調査研究,5)高齢者における筋力維持を目指した骨格筋の維持・発達に関与する研究,6)酸化ストレスによる抗酸化物質代謝の変化に関する研究,7)リプロダクティヴ・ヘルス/ライツの視点に基づいた生殖医療の質の向上と新しい生命倫理の構築に関する研究,8)職場における安全衛生と職業性疾病の予防に関する研究をテーマとしている。
近年の超高齢化社会の到来に伴う医療崩壊,健康地域格差に備え,健康医療政策提言型の予防医学も視野に入れ,予防法に対するEvidenceの蓄積を元に新しい予防医学の拠点を目指している。