研究分野紹介

代謝生理学

研究分野ホームページ

http://inoue.w3.kanazawa-u.ac.jp/

スタッフ

教 授:井上  啓
助 教:木村 久美,稲葉 有香

研究の概要

生理機能の恒常性は,中枢神経と末梢組織の臓器連関により維持されており,特に,個体のエネルギー代謝調節においては,中枢神経・末梢組織連関が必要不可欠な役割を果たしています。実際に,本講座においても,エネルギー代謝制御に中心的な役割を果たす肝臓においても,中枢神経による制御が重要な役割を果たすことを明らかにしています。そこで,本講座では,脳・肝の連関によるエネルギー代謝制御をモデルとして,中枢神経と末梢神経との臓器連関の仕組みの解明とその応用を目的として研究を進めています。

研究課題

  1. 臓器連関を介した肝臓糖脂質代謝調節の解析
  2. 細胞増殖制御機構と肝臓糖脂質代謝制御の連関の解析
  3. 栄養などを用いた肝糖脂質代謝異常への介入法の解明

図1 中枢神経におけるインスリン作用の末梢臓器への作用

図2 中枢神経インスリン作用による肝糖産生制御メカニズム