• HOME
  • 大学院医薬保健学総合研究科医科学専攻 修士課程

大学院医薬保健学総合研究科医科学専攻 修士課程

生命科学,基礎医学および臨床医学を体系的・集中的に学ぶとともに,指導教員の研究指導のもとで医学に関連する実験科学を学びます。医学分野での研究者並びに医療・産業分野の専門的な職業人として活躍しうる医学的資質を身に付けた人材を養成することを目的とし,医学科以外の文系・理系を問わない多様な学問的背景を持つ方を受け入れています。修士課程修了後に博士課程に進学し,一貫教育によって高度な研究指導を受けることもできます。

入試情報

アドミッションポリシー

学位授与方針

医科学専攻では,次にあげる学習成果に到達し,所定の単位を修得し,さらに修士論文の審査及び最終試験に
合格したものに修士(医科学)の学位を授与します。

学習成果(到達目標)
・基礎医学と臨床医学を関連づけ,次世代の医学・医療・保健の発展に寄与するための基礎知識を得ている。
・各自の専門分野における知識や技能を習得し,その専門性を生かして医療・国際保健及び産業分野における
 問題を解決する力あるいはテーマについての研究遂行能力を備えている。
・英語によるコミュニケーション能力と強固なグローバルマインドを備えている。
・自己学習能力を強化し卒業後も自立的発展力を備えている。
・強固な生命倫理・医学研究倫理・行動規範を持ち,特定の課題に対して高い倫理規範のもとで問題解決や
 研究遂行ができる。

教育課程編成方針

医学に基盤を持ちながら,多様な専門的背景をもつグローバルな人材を育成するため,次のカリキュラムポリシーを定めます。

・1年次に人体構造学,人体機能学,内科学概論,外科学概論,環境医学概論などを開講し,医学,医療,
 国際保健の基礎的知識を養うカリキュラムを提供する。
・2年次は主に研究室に所属し,演習や論文作成などを通じて専門知識の拡充,研究力の強化を図るとと
 もに,自ら学ぶ姿勢を養うカリキュラムを設ける。
・平成29年度より金沢大学<グローバル>スタンダード関連2科目(研究者倫理及びヘルスシステム概論)を
 導入し,生命倫理,医 学研究倫理,行動規範,更には英語力を養うカリキュラムを提供する。
・社会人に対し開講時期・時間を配慮すると共に,留学生に対して英語による授業で修了できるカリキュラム
 を提供する。

入学者受入方針

近年の医学・医療の進歩は極めて急速であり,その高度化・先進化には目を見張るものがあります。分子生物学,ゲノム科学,発生工学等の導入により,生命現象の分子レベルでの理解は飛躍的に進展を続けています。このような先端医学研究の推進及びそれに基づく高度医療の実践のためには,医学以外の他研究分野との連携・協力を重視した学際領域研究を推進し,より大きな成果を生み出す必要があります。現代医学は関連学問分野と融合的・学際的に発展しつつあることから,多様な学問的背景を持った学生,例えば薬学,理工学,生物学,農学,保健学,心理学等の4年制大学等の課程を卒業した(あるいはそれと同等とみなせる)学生を対象に,次のような人材を求めます。

・グローバル化に対応できるコミュニケーション能力と明確な倫理的思考を学び,将来,医学・医療・国際
 保健の分野で高度専門的職業人,或いは研究教育者として活躍したい人。
・医学・医療・国際保健に関わるこれまでの問題点を発掘し,それらを解析,さらに解決していきたい人。

 なお,選抜の基本方針としては,グローバル化に対応するための基本学力としての英語能力並びに個々の学生が4年制大学等卒業時点でどのような知的背景・能力を獲得し,かつ医学・医療・国際保健学研究に対していかなるモチベーションを有しているかを重視します。具体的には,学力検査と成績証明書等の結果を総合して選抜を行います。

リンク