研究科・学類紹介

歴史と沿革

金沢大学医学類は,藩政末期の1862年,加賀藩に開設された金沢彦三種痘所をその起源とする。以来,百四十余年に渡り,この地方の政治,経済,文化の推移の中で,大きな変遷を経てきた。この間の変遷の概略は次の通りである。

  • 1862年 彦三種痘所開設 
  • 1867年 養生所 
  • 1870年 医学館 
  • 1873年 金沢病院 
  • 1876年 石川県金沢医学所 
  • 1884年 石川県甲種医学校 
  • 1887年 第四高等中学校医学部 
  • 1894年 第四高等学校医学部 
  • 1901年 金沢医学専門学校 
  • 1923年 金沢医科大学に改組 
  • 1949年 金沢大学医学部に改組 
  • 1955年 大学院医学研究科(博士課程)設置
  • 2001年 金沢大学大学院医学系研究科に改組 
  • 2004年 国立大学法人金沢大学(国立大学の法人化)
  • 2005年 大学院医学系研究科医科学専攻修士課程設置 
  • 2006年 医学部(A・B)棟に大学院医学系研究科の一部が移転 
  • 2008年 金沢大学医薬保健学域医学類に改組
  • 2012年 大学院を医薬保健学総合研究科に改組