研究に興味のある皆さま

研究の成果に関する情報

運動の効果に個人差がある原因の一つを解明!!

医薬保健研究域医学系の金子周一教授,篁俊成教授および御簾博文准教授らは,肝臓から分泌されるホルモンである「ヘパトカイン」の一つが,骨格筋に作用することで,運動を行っても,その効果を無効にする「運動抵抗性」)という病態を起こしていることを発見しました(図)。

身体活動の低下は,肥満,2型糖尿病,高血圧,脂肪肝などのさまざまな生活習慣病につながることが知られていますが逆に,運動はこれらの疾患の予防や治療につながるため,運動療法として定期的な運動が推奨されています。しかし,運動療法の効果には,かなりの個人差があり,運動を行ってもなかなか効果が出ない人がいることが報告されていました。研究グループは,2型糖尿病,脂肪肝の患者,高齢者で多く発現している「ヘパトカイン」であるレノプロテインPに着目して研究を行いました。

マウスや細胞の実験によって,過剰なセレノプロテインPは,受容体であるLRP1を介して筋肉に作用することで,運動したにもかかわらず,その効果を無効にする「運動抵抗性」という病態を起こすことを見出しました。また,セレノプロテインPを生まれつき持たないマウスでは,同じ強さ・同じ時間の運動療法を行っても,通常のマウスと比べて運動のさまざまな効果が倍増することが分かりました。さらに,健常者を対象にした臨床研究では,血液中のセレノプロテインPの濃度が高かった人は,低かった人に比べて,8週間の有酸素運動トレーニングをしても運動の効果が向上しにくいことが分かりました。

本研究では,運動の効果に個人差がある原因の一つを解明しました。今後,2型糖尿病などの身体活動低下に関連した,さまざまな生活習慣病に対して,セレノプロテインPと受容体LRP1を標的にした新しい「運動効果増強薬」の開発や,セレノプロテインP濃度の測定による運動効果の出やすさの診断などにつながることが期待されます。

本研究成果は,2017年2月27日(米国東部時間)発行の米国の総合医学雑誌『Nature Medicine』オンライン版に掲載されました。

詳しくはこちら

Nature Medicine

研究の成果に関する情報一覧へ