研究に興味のある皆さま

セミナー情報

組織細胞学セミナーのお知らせ(11月1日木曜日 17時より)

開催日 : 2018年11月1日(木)17:00~18:30
開催場所 : ⾦沢⼤学宝町キャンパス 医学図書館2階⼗全スタジオ

内容

演者:中山 敬一 先生

所属:九州大学生体防御医学研究所・教授

タイトル:「次世代プロテオミクスが拓く医学生物学の新地平:90年来のがんの謎を解く」

日時:2018111日(木)17001830

場所:金沢大学宝町キャンパス 医学図書館2階十全スタジオ

※医学専攻・博士課程専攻共通Up-to-dateセミナーとして認定します。

【参考論文】

A large-scale targeted proteomics assay resource based on an in vitro human proteome.

Matsumoto M, Matsuzaki F, Oshikawa K, Goshima N, Mori M, Kawamura Y, Ogawa K, Fukuda E, Nakatsumi H, Natsume T, Fukui K, Horimoto K, Nagashima T, Funayama R, Nakayama K, Nakayama KI.

Nat Methods. 2017 Mar;14(3):251-258.

mTORC1 and muscle regeneration are regulated by the LINC00961-encoded SPAR polypeptide.

Matsumoto A, Pasut A, Matsumoto M, Yamashita R, Fung J, Monteleone E, Saghatelian A, Nakayama KI, Clohessy JG, Pandolfi PP.

Nature. 2017 Jan 12;541(7636):228-232.

Robotic crowd biology with Maholo LabDroids.

Yachie N; Robotic Biology Consortium, Natsume T.

Nat Biotechnol. 2017 Apr 11;35(4):310-312.

PKM1 Confers Metabolic Advantages and Promotes Cell-Autonomous Tumor Cell Growth.

Morita M, Sato T, Nomura M, Sakamoto Y, Inoue Y, Tanaka R, Ito S, Kurosawa K, Yamaguchi K, Sugiura Y, Takizaki H, Yamashita Y, Katakura R, Sato I, Kawai M, Okada Y, Watanabe H, Kondoh G, Matsumoto S, Kishimoto A, Obata M, Matsumoto M, Fukuhara T, Motohashi H, Suematsu M, Komatsu M, Nakayama KI, Watanabe T, Soga T, Shima H, Maemondo M, Tanuma N.

Cancer Cell. 2018 Mar 12;33(3):355-367.e7.

多くの生命現象にかかわる複数のタンパク質を、同時にかつ正確に測定することができれば、病気のメカニズム解明や新しい診断法の開発につながる事が期待されます。中山博士らは全てのタンパク質を絶対定量するため、ヒトの全リコンビナントタンパク質25,000種を試験管内で合成し、この情報を基に高速ターゲットプロテオミクスで短時間に多数のタンパク質の絶対定量を可能にする技術(in vitro proteome-assisted MRM for Protein Absolute QuanTification: iMPAQT)という方法を発明しました。さらに中山博士はこのiMPAQT法を駆使してがん代謝の全貌を解明することによって、その性質と治療標的を明らかにしています。このように最新のプロテオミクス技術やがん代謝の最前線を知るにはもってこいの機会です。皆様奮ってご参加下さい。

世話人:医薬保健研究域医学系・組織細胞学 西山 正章(内線2150

協賛:金沢大学先魁プロジェクト2018、金沢大学十全医学会

セミナー情報一覧へ